大切な人と愛する家族がいつまでも共に過ごせる手元供養を広島県広島市中区の店舗内で展示・販売 『アスターせと』

質問

Q&A

  • どのような供養をするのですか
    • 特別な供養方法などは一切ございません。

      ご仏壇に線香をたて、手を合わされるのと同様にお考えください。
      お線香やロウソクなどはつけずに、毎日語りかけていますと言われる方もおられます。

      想いのまま、無理せず出来る範囲で、手を合わし、語りかけてあげれればと思います。

  • 従来の供養と何が違うのですか
    • 従来、ご遺骨はお墓や納骨堂に納められ、年に数回お参りに行かれます。日々の中では、仏壇や遺影写真に向かって手を合わされてました。

      手元供養は、ご遺骨の一部を手元において供養することで、大切な方をより身近に感じながら供養することができます。
      愛するご家族を想う気持ちから生まれた供養スタイルです。

  • 粉骨しなければならないのですか
    • アッシュボトルの形や大きさにより納めることのできるご遺骨の量・大きさが異なりますが、小さなご遺骨なら粉骨する必要はございません。

      ペンダントタイプなら米粒2~3粒程度のほんの少量です。

  • 分骨はよくないと聞いたのですが大丈夫ですか
    • 分骨は良くないと言われる方がおられますが、何ら根拠がない迷信ですのでご安心ください。分骨として本山に納める宗派もございます。また、西日本では、昔から火葬場で全てのご遺骨は拾いませんので、厳密に言いえばこの時点で分骨となっています。

  • ペット用はありますか
    • 特にペット専用としてはご提案しておりません。ペットちゃんも大切な家族だと当店では考えております。実際の商品をご覧頂きご検討くださればと思います。

  • 手元供養にするため,お墓から骨を少し取り出したいのですがどうすれば・・・
    • 通常、お墓の中からご遺骨を他の場所に移動し納骨する時は、移動先の納骨する場所で、改葬許可証が必要になります。(手続方法は省略します)

      お墓はそのままで、お骨の一部を手元供養になされたい場合は、改葬には当りませんので改葬許可証は必要ありません。また、分骨証明証も、受け入れ先がご自身ですので要りません。

      但し、お墓の中にあるご遺骨を一部でも取り出す場合は、家族の了解を得る必要がございます。勝手に行うと後々家族間でのトラブルにもなりかねません。また、墓地管理者、寺院の中にお墓がある場合は、住職に説明し承認を得てから行うようにしてください。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional